アレルギーで苦しむ女性

最近はテレビ番組などで特集が取り上げられているアレルギー。実に様々な種類があり食べ物だけではなく金属や花粉などがあります。一歩間違えれば死にもつながるので自分が何アレルギーかを知ったほうがいいと思います。

ジルテックとザイザルの違いを徹底比較

ジルテックとザイザルは、どちらも第二世代抗ヒスタミン薬に分類される医薬品のひとつで、花粉症や蕁麻疹などのアレルギー症状を抑える効果があります。アレルギー症状はヒスタミンと受容体が結合することで起こりますが、この結合を阻止するのが抗ヒスタミン薬の役割です。したがって鼻水やくしゃみ、皮膚の痒みなどを止めるのに有効ですが、アレルギーそのものを治療する効果はありません。

ジルテックは1998年に発売開始となった薬で、主な有効成分はセチリジンです。一方のザイザルは2010年から発売された比較的新しい薬で、有効成分はレボセチリジンとなっています。レボセチリジンはセチリジンの中から、R体と呼ばれる物質だけを取り出したものです。

セチリジンにはR体とS体という光学異性体が存在します。光学異性体とは、化学式はまったく同じですが、立体的な構造が異なり、鏡に写したように見える2つの物質のことです。化合物の組成が同じでも構造が異なると、人間の体には違った作用を及ぼすことが知られています。セチリジンの場合、抗ヒスタミン作用があるのはR体だけで、S体にはほとんど効果がないと言われています。

ジルテックはR体とS体の両方を含んでいるのに対して、ザイザルはR体だけを含んでいるため、より効果的なアレルギー症状の改善が期待できます。具体的には、ザイザルはジルテックの半分の服用量で、同じ効果を発揮するとされています。服用量が少なくて済むということは、それだけ副作用が出にくいということでもあります。

ただし以上は一般論であり、ザイザルよりジルテックのほうが効果を実感できるという方がいるかもしれません。どちらも医療機関で処方を受けられる薬なので、医師や薬剤師と相談した上で、使い勝手が良く体質に合っているほうを選ぶとよいでしょう。

副作用の違いと価格の違い

抗ヒスタミン薬を服用すると、眠気や口の渇きといった副作用が出る場合があります。また人によっては、下痢や便秘のような消化器の不調が現れるかもしれません。ジルテックやザイザルは、従来の薬に比べて副作用が出にくいとされる第二世代の抗ヒスタミン薬です。しかし副作用の感じ方には個人差があるため、特に自動車などを運転する方は、服用のタイミングに注意する必要があります。

ジルテックとザイザルを比較すると、やはりザイザルのほうが眠気は出にくいと言われています。どちらも脳に与える影響は基本的に同じですが、有効成分の含有量が異なるためと考えられます。ただし絶対に眠くならないというわけではないので、飲みはじめるときは気をつけてください。

ジルテックとザイザルの価格は、同じ量で比較するとザイザルのほうが高額ですが、1回分の服用量で比較すると大きな違いはありません。医療機関で処方を受ける場合、初診料などの料金を加えると、ザイザルのほうがわずかに高い程度でしょう。ただしジルテックは歴史の古い薬で、すでにジェネリックが発売されています。ジェネリックなら半分から4分の1程度の価格で利用できます。

ザイザルのジェネリックは日本では購入できず、また同じ有効成分の市販薬も発売されていないので、正規に利用するとなると、どうしても料金は高くなりがちです。格安で購入したいときは、個人輸入代行サイトを使うという方法があります。ただし偽物や粗悪品を買わされないよう、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

ジルテックもザイザルも効能や副作用が十分に検証された薬で、アレルギー症状の改善には確かな効果が期待できます。とはいえ全く同一の作用があるわけではないので、成分や価格の違いを知った上で、自分にとって適切な薬を選択するようにしてください。