アレルギーで苦しむ女性

最近はテレビ番組などで特集が取り上げられているアレルギー。実に様々な種類があり食べ物だけではなく金属や花粉などがあります。一歩間違えれば死にもつながるので自分が何アレルギーかを知ったほうがいいと思います。

アレルギー性疾患に使うアンチヒスタミン薬剤

 アレルギー性疾患には、アンチヒスタミン剤がよく用いられます。アンチヒスタミン剤の用途は多く、花粉症や風邪のときのアレルギー症状を緩和するためにも使われますが、強力な誘眠作用があるため、睡眠薬としても乗り物酔いの薬としても使用されます。
 アレルギー症状の治療のためにアンチヒスタミン剤を使用するときは、抗アレルギー薬とうまく使い分けることが大事です。抗アレルギー薬は症状が出るのを予防するために使用します。効果が出るまでには2週間ほどかかります。アンチヒスタミン薬は即効性があり、症状が出たあとの治療に使います。細胞から放出されたヒスタミンの効力を失わせる働きがあるため、ヒスタミンが出ていないうちに飲んでも効果は得られません。症状が悪化し、ステロイドを使わざるを得なくなった場合、ステロイドで進行を止め、その後ステロイドを徐々に減らしていくことが必要となりますが、その過渡期に、効果的に使えるのがアンチヒスタミン剤であると言えます。量は増えなくなったまでも、まだヒスタミンは出続けている中、そのヒスタミンを無力化させるアンチヒスタミン剤は、たいへん役立ちます。その助けによって、徐々に症状が治まっていくことが期待できます。やがてはステロイドの使用が止められるようになることが目標です。
 ステロイドを使わずに済むようになったら、次第にヒスタミンの放出もなくなっていくことでしょうから、そうなったらアンチヒスタミン剤は必要なくなり、抗アレルギー薬で、再びヒスタミンが出るような事態を防いでいくことになります。血液検査でIgE抗体の値が正常になるまで、息の長い治療が続きますが、薬を適切に使用し、体質改善を図っていきたいものです。